地震対策点検とは

ホーム  »  地震対策点検とは

地震対策点検とは?

事前に地震対策を点検し、不足点・改善点を指摘します。

改善の実施により、身体的・経済的被害が軽減し、高い
費用対効果が期待できます。

 

点検項目

周辺環境(立地・地盤・建物・建築様式・築年数 等)

室内環境(間取り・壁・天井・家具類の配置・固定・危険個所 等)

備蓄(食料・非常持出し用・非常用品・救急用品 等)

地震後の対応(直後対策・避難計画・マニュアル・連絡方法 等)

復興対策(復興計画 事業継続計画・BCP 等)

どうして地震対策点検が必要なの?

地震による被害は、備蓄などでは防げません。
備えが不足していると、身体的・経済的に大きな打撃を受けてしまします。
被害を軽減するためには、今の備えに何が不足しているのかを確認し、改善しなければなりません。
それが、地震対策点検です。

大地震の発生時には、様々な危険が及びます。
何処が危険なのかは、何が危険なのかは、震災の経験が無いと、なかなかイメージ出来無いでしょう。


また、地震発生直後は、頭が混乱し、正しい判断が出来ません。
事前に起きうる事をシュミレーションする事で、速やかな判断が可能となります。 


地震への備えは、防災だけではありません。
地震後の対応や、どう立ち上がるかが重要です。
地震後も含めて、総合的にアドバイスを行うことで、減災する事が出来るのです。

地震対策が不十分だと

【一般家庭】

・タンスが倒れて、大怪我をしてしまった。

・通電火災で出火し、家を全焼してしまった。

・直後の行動が判らずに、パニックに巻き込まれ怪我をした。

・備蓄が足らず、不便でひもじい思いをした。

・家族と連絡がつかず、出会えなくなってしまった。

・避難所で長期に暮らす事になり、劣悪な環境に苦しんだ。

・地震後、生活に困窮し、立ち上がれない。

 

【店舗・サービス業】

・棚などの転倒で、商品に多大なる損失が出た。

・お客様が店内で怪我をし、損害請求の訴訟を起こされた。

・アルバイトが顧客対応を誤り、悪い口コミを流された。

・再開が遅れ、顧客が減り、廃業に追い込まれた。

 

【企業】

・従業員との連絡が取れず、安否の確認、指示が出来ない。

・マニュアルが実践的でなく、役立たない。

・避難すべきか、待機すべきか、対応も判らない。

・無理やり出勤した社員が怪我をした。

・社員を会社にて待機させるが、食料や備蓄、トイレが足りない。

・取引先に連絡が取れない。

・被害状況の把握が出来ず、納品遅延などのスケジュール調整が出来ない。

・事業継続計画(BCP)が、従業員の死傷で役立たない。

・大切な取引データが消失した。

・製品、施設などに多大な経済的損失が出て、経営が赤字になった。

・仕入れのめどが立たない。

・取引先や顧客対応を誤り、訴訟になったり、悪い口コミを流され、企業イメージが低下した。

 

【学校・保育施設】

・避難誘導を誤り、児童・生徒が死傷して、訴訟になった。

・避難誘導する職員に、防災知識が無い。

・児童・生徒を保護者が迎えに来ない。帰宅させるべきか対応が判らす困窮。

・職員が倒れた棚で怪我をし、救護と人手不足の問題が同時に起こる。

・避難所として人が集まってきたが、受け入れるべきか。事前対応が不充分。

・周囲で火災の煙が見えるが、避難すべきか、留まるべきか、判断できない。

・児童・生徒を留まらせるが、備蓄が足りない。

・児童・生徒への避難訓練・防災教育が不充分。

こんな効果が期待できます

【個人】

・室内の安全と身を守る行動により、怪我のリスクを軽減。

・事前確認により、不在家族の連絡と安全も確保。

・地震後は素早く状況を把握、安全な避難場所を選択。

・備蓄・持ち出し品も的確で、経済的負担も軽減。

・避難生活を長引かせず、いち早く立ち上がりの準備に入る。

 

【店舗・サービス業】

・店内の安全により、従業員、顧客の怪我のリスクを軽減。

・商品、機材、在庫の損失が最小限で、経済的損失を軽減。

・速やかな事業再開により、売上確保。

・的確な顧客対応により、口コミ・SNSでの好感度アップ。

 

【企業】

・従業員との連絡体制の確保により、指示が的確に伝わる。

・取引先への速やかな連絡により、信用確保。

・速やかや情報収集で、被害状況を把握。

・事前シミュレーションにより、迅速に事業継続への対応を開始。

・的確な備蓄により、社内に留まる社員の食料等も確保。


【学校・保育施設】

・的確な避難誘導により、児童・生徒の安全を確保。

・職員の防災教育により、的確な判断行動。

・保護者との事前取り決めにより、児童・生徒引き取りのルール化。

・屋内の安全化により、教職員の怪我の回避。

・避難所として人がを受け入れるべきか、事前に対応決定。

・児童・生徒を留まらせる為に、効率的な備蓄を準備。

・児童・生徒への避難訓練・防災教育により、避難もスムーズに。


 

ページの先頭へ