理念・動機

ホーム  »  理念・動機

【理念】

地震で不幸になる人を減らす事を使命に、
被災体験の教訓に基づき、
人々の大切な生命と財産を守る為、
尽力いたします。

【動機】

私は1995年に阪神・淡路大震災で被災しました。
当時は、地震に対する備えも無く、避難や復興も手探りの状態でした。

あれから20年以上の歳月が流れ、日本は新潟・東日本・熊本と大きな
地震災害を経験する事になりました。

 
多くの被災者の姿を自分に重ね合わせ感じたのは、過去の震災の教訓が
生かされていない、という事です。

実効性の高い防災や、地震後に発生する問題、どうすれば速やかに復興
に取りかかれるか。これは、阪神・淡路大震災で膨大なノウハウが積み
重ねられています。

しかし震災の際には、ノウハウは生かされず、被災者も自治体も、1から
手探りの状態になっていました。
その為、被災した方への対応が遅れ不便な生活が長く続き、また、勘違いや
間違った対策も多くとられていました。

地震からの復興は、自助が基本ですが、その考え方さえ一般には普及
していません。

過去の震災に学べば、被害も抑えられ、地震後の問題も事前に対処法を
知る事が出来ます。
どうすれば立ち上がりが早くなるか、統計に基づき確立されています。
しかし、それが、殆ど伝わっていないのです。

これではいけない。
誰かが、伝えなければ、次なる震災で日本は大混乱に陥ってしまう。

熊本地震で、困惑する被災者の姿を見て、また混乱する自治体の苦労を
思い、立ち上がらなけば、という思いに強く動かされました。

地震対策というと、防災ばかりがクローズアップされます。
しかし、一番大切なのは、地震後の行動と、いかに速やかに立ち上がるか、
なのです。


私は 激震の現場と、避難、長い復興を実際に経験しました。
その場で経験した者でしか、判らない問題が沢山あります。
 
残念ながら、現在日本において、地震や防災の専門家は、実際に大地震や
避難を経験した方が少ないのが現状です。
実体験に基づかず、大地震や避難をイメージして地震対策が行われている為、
実効性に欠けるものも多いのです。

実体験に基づき今の地震対策と見ると、激震のリアリティが足りません。 
また、生活者の立場から、経済的に負担の少ない、身近な防災対策も、
もっと普及して欲しいと思います。

今、日本列島は地震の活発期に入っていると指摘されています。
地震を避ける事は出来ませんが、被害を減らす事は出来ます。

地震対策とは、大切な命と財産を守る術です。

 
被害を最小限に留め、速やかに立ち上がる事が出来れば、また幸せに
暮らす事が出来ます。
その為に、本当の地震対策に一歩を踏み出して下さい。
精一杯、尽力させて頂きます。
ページの先頭へ